龍馬に恋する5秒前~土佐の国へ~

f:id:wrg011pi:20170913161400j:image

 

 

 

 

仕事をうんと頑張った自分へプレゼントを。

憧れの地、高知へ旅に出ました。

ストレス解消にもなるし新たな道しるべを見

つけたりするので、自由にさせてくれる和さ

んに感謝です。

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170913160635j:image

 

 

 

お主には志す何かがあるか?

龍馬さんにたずねられたら即答は出来ないな

ぁ。自分の人生しか考えていない小さな世界

で生きているのですもの。

常に頭の中が無駄に忙しくてごちゃごちゃし

ている状態をどうにかしたいと思っているも

のの、生まれつきの状態ではどうにもならな

いのかな。

そんな事を思いながらの旅だから(ごちゃごち

ゃしながら旅するのは大変!)体力の消耗も人

一倍です。

 

 

 



f:id:wrg011pi:20170913161450j:image

 

 

 

やっと会えたぜよ。

憧れの人が見守る太平洋を見ながらちいちゃ

い自分を感じました。これからも会いたい人

に会い、憧れの地へ元気なうちに行きたいで

す。年取ったら出来ないことは今のうちに。

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170913161901j:image

 

 

 

自分へのお土産は最近はまっている塩です。

おにぎり好きにはたまらない塩です。他の海

辺で取れた塩も味が微妙に苦かったり塩っけ

がマイルドだったりで味比べも楽しいです。

 

 

 

 
f:id:wrg011pi:20170913162417j:image

 

 

 

とてもおしゃれだけど木の温もりがある高知

駅。カフェが多くカフェの真ん前でカラオケ

大会があったりして楽しい高知に歓迎しても

らいました。言葉は遥かに関西弁に近くて、

昨年足を伸ばした徳島を思い出しました。

 

 

9月13日        旅の思いではずっと胸の奥に。

 

癒しの時間~猫カフェ ロンロン~


f:id:wrg011pi:20170831231326j:image


 

広島の街中に数件あるうちのひとつの猫カフ

ェにて。広島では何年ぶりだろう。

今まではアレルギーがひどく出ていたから行

けなかったけど、スキマ時間には猫カフェ

様にゆっくり座りながら過ごせる場所がうっ

てつけ。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170831231731j:image

 

 

 

店員さんが奥に引っ込んだとたん、ざわつき

始める猫ちゃんたち。にゃーにゃー大合唱と

取っ組み合い。興奮していたようです。餌の

時間だったんですね。

食事の後は毛繕いを一斉にはじめていまし

た。寝る子や私のスマホに付いているキーホ

ルダーに興味津々で側に座る子ありのひとり

対13匹の1時間は和やかなものでした。

 

猫と言えば忘れられないのが3匹ちゃんのお

母さん。勝手にお姉さんと慕っていた5年~

10年前の私の苦しい熊本時代の心境をそっと

理解してくれた方。いつか私の大好きなシャ

チやイルカを見に八景島へ行く約束も忘れて

いません。

私に文章を書くことをすすめてくれて私の世

界観を好きだと言ってくれたお姉さん。

まだ文章はリハビリ中だけどまたきっと感覚

や感性が戻る日が来るような気がしてなりま

せん。

猫に逢うとまだ見ぬあなたの優しい笑顔に

触れたような気がします。

 

この数日、TKUの荒木アナウンサーが亡くな

り悲しい気持ちになっていたから、この子た

ちに逢えてテンションが上がっていつもの自

分に戻れました。

荒木アナウンサーのご冥福をお祈り申し上げ

ます。

 

 

8月31日        8月最後の日は猫に癒されたものの、結局くしゃみと発作的な咳が出てしまいました。残念!

 

石垣が好き~津山城~

津山と言えば私の中ではB'zの稲葉さんの故

郷。7月に凱旋ライブをして盛り上がったら

しいですね。長年の夢、稲葉さんの実家の化

粧品店を訪ねる事も出来ました。残念ながら

店休日だったけど満足!

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170827175652j:image

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170827175928j:image

 

 

 

そして先日の姫路を拠点にした城廻りで

行ったのは津山城です。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170827180109j:image

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170827180138j:image

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170827180202j:image

 

 

 

この日も正午には高温注意報が出たかなり暑

い日で、血の気が引いて吐き気がした位の猛

暑でした。

 

石垣の端のラインにうっとりしながら

一番眺めの良い場所に女性の住まいがあった

と言われる津山城を後にしました。

津山の人は女性を大切にしていたのでしょう

か。そう思いたいです。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170827180743j:image

 

 

 

城からの帰り道は回転焼き(今川焼)に似た物

をニコニコ食べ歩きしました。

熊本で言うところの蜂楽饅頭でしょうか。

懐かしく思い出しました。優しい味です。

 

 

 
f:id:wrg011pi:20170827180931j:image

 

 

 

岡山駅から快速で少し遠かったけど山深い景

色は住んだことのある球磨地方によく似てい

て、遠い日を思い起こしました。

生きているだけで大変だった幼少の頃はけっ

して無駄にはなっていなかったと、今はっき

りと思います。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170827181904j:image

 

 

 

もう二度と行く機会はないので心にもしっか

り暑さと緑深い景色を焼き付けた、今回の津

山、姫路、朝来の旅でした。

 

 

 

8月27日        生きてるって素晴らしい!

 

 

 

 

 

 

 

 

石垣が好き~竹田城~


f:id:wrg011pi:20170825090243j:image
無風状態でかなり蒸し暑く歓迎してもらった

竹田城です。初めての朝来市で緑が濃くて空

気だってすごく美味しかった!

 

 


f:id:wrg011pi:20170825085642j:image

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170825085709j:image

 

 

 

マチュピチュって呼ばれてるだけあって本当

に天高いお城です。

一本だけ赤黒く焼けたように見える枯れた松

の木は来年1月~2月のクローズ時には伐採さ

れるかもしれないとの事。長くこの地でお城

を見守ってくれていた事、お疲れさまでし

た。さみしくなるね。

 

 

 

 
f:id:wrg011pi:20170825090222j:image

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170825090243j:image

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170825090325j:image

 

 

 

 
f:id:wrg011pi:20170825090349j:image

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170825090406j:image

 

 

 

城を下りてから電車待ちはぶらり町歩きを。

静かな町で蝉の声だけが響いていました。

どうみてもキョロキョロして歩く私はよそ者

なのに時折すれ違う人は挨拶してくれて、み

んな笑って愛想が良いです。

このまま豊岡のコウノトリを見に行く予定を

変更して姫路に戻りました。

夏の暑さ半端ない日は体調優先です。

駅近くの障害のある方がやっておられる、立

派な古民家のうどん屋で一息ついて

暫しの竹田路に別れを告げました。

 

 

 

 

8月22日        天空散歩はこの夏の思い出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石垣が好き~姫路城~


f:id:wrg011pi:20170822210225j:image

 

 

 

日本国宝姫路城へ。

憧れの白鷺に会いに行きました。

 

 


f:id:wrg011pi:20170822210343j:image

 

 

 

時々姫路駅から見えたまぶしく光る白壁は

間近に立っても不思議なくらいホワイティ。

ただの白さじゃない!

 

 


f:id:wrg011pi:20170822210706j:image

 

 

 

石垣の積み方だって耐震を備えた素晴らしい

ものですもの。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170822210930j:image

 

 

 

このアングルで撮っていた一眼レフを抱えた

ベレー帽の地元のおじいちゃまと目が合い

「とても綺麗なお城ですね」と声を掛けたら

「日本の宝ですわ」にっこり笑顔で言われま

した。

こんなささやかな会話が楽しみでひとり旅は

簡単にやめられそうにありません。

本当に宝ですよね、おじいちゃま。

石垣や壁や戦争中はお城は無事だったのか、

聞けそうな人が居なくて困りましたが

今はウィキペディアを頼れば解決しますね。

でもやっぱりそこはもっと生の人の温もりが

欲しいなーって思うのです。たくさんの人の

思いがお城にはあるんですもの。

 

8月22日        とても素敵で偉大なお城。

念願叶って姫路城に行けた今日はよく眠れそ

うです。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170822212501j:image

 

 

 

 

 

5月の風


f:id:wrg011pi:20170804133729j:image

 

 

 

梅雨入り前の尾道U2にて。

乾いた冷たい風が肌を撫でるようです。

カフェのテイクアウトで港を見渡せる

テラスでお喋りも。

仕事また頑張って来てね。そんな事を

話した覚えが。

 

 

今年になり、無防備な状態で思わぬ人から傷つけられたから、私はその人たちから離れる事にしました。言ってはいけない事をわざわざ連絡先してきて言う心理は解せないけれど、この人たちから人が離れていったと前にも聞いていたから、なるほど離れる理由が良く分かりました。離れて大正解。面倒くさい人とは距離を置こうと決めたから、もう嫌な思いをしなくて済む。

決別したら風が凄く心地良い。

 

 

5月某日        和さん東北へ旅立つ直前、リラックスタイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に食べてくれる人がいること

私は永いこと独り暮らしをしてきて食事は自

炊をしていました。手の込んだ物はあまり作

らないけど自分の食べたいものはある程度は

作れます。ただ人に食べさせるとなると大雑

把でざっくりした感じの料理は喜ばれないと

思っていて、和さんと暮らし始めて特にここ

最近じゃ美味しいだけじゃなくて楽しくなれ

るような物を作りたくなりました。

うきうき、ご機嫌になれる料理です。

残さず黙々食べたり、滅多にないけどこれ美

味しい!って言ってもらえるともっとレパー

トリーを増やしたいと思えます。とても幸せ

を感じる瞬間でもあります。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170512210342j:image

 

 

 

 

とにかくよく食べる私達!

府中市上下町に出掛けた時も地元のピザも出

してるケーキ屋でのひとこま。30センチ以上

あるサイズのピザやチョコレートをぺろり、

言い訳ではないけれどほとんど和さんが食べ

ました。どんだけ食べるねん。

 

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170512210653j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170512210715j:image

 

 

 

 

時々の外食が楽しみのひとつで、普段の食事

は和さんの胃袋をつかみたいが為の修行のよ

うなものです。私は盛り付け方や彩りのセン

スが悲しいくらいないので、図書館で本を借

りたりインターネットで調べては真似をして

います。

 

 

 

f:id:wrg011pi:20170624214501j:image

 

 

ホルモンが燃えているこの食事の後に

和さんは病気を発症しました。まだ梅雨に入

ったばかりの頃です。医者には予後不良と言

われましたが彼が仕事に打ち込めるように私

が出来ることを手伝いたいと思っています。

「あなたには笑っていてほしい」和さんのこ

の言葉を励みに私は生きてこれました。

ふたりでいれば最強!最高!楽しく暮らそ

う!和さんとの合言葉は私の生きる道しるべ

です。

 

 

6月24日         下関の現場にいる和さんは資格試験の為の勉強に励んでいます。私は月に一度の女性のイベントのせいで今日は寝たきりに。そんな日もあるよね。