5月の風


f:id:wrg011pi:20170804133729j:image

 

 

 

梅雨入り前の尾道U2にて。

乾いた冷たい風が肌を撫でるようです。

カフェのテイクアウトで港を見渡せる

テラスでお喋りも。

仕事また頑張って来てね。そんな事を

話した覚えが。

 

 

今年になり、無防備な状態で思わぬ人から傷つけられたから、私はその人たちから離れる事にしました。言ってはいけない事をわざわざ連絡先してきて言う心理は解せないけれど、この人たちから人が離れていったと前にも聞いていたから、なるほど離れる理由が良く分かりました。離れて大正解。面倒くさい人とは距離を置こうと決めたから、もう嫌な思いをしなくて済む。

決別したら風が凄く心地良い。

 

 

5月某日        和さん東北へ旅立つ直前、リラックスタイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に食べてくれる人がいること

私は永いこと独り暮らしをしてきて食事は自

炊をしていました。手の込んだ物はあまり作

らないけど自分の食べたいものはある程度は

作れます。ただ人に食べさせるとなると大雑

把でざっくりした感じの料理は喜ばれないと

思っていて、和さんと暮らし始めて特にここ

最近じゃ美味しいだけじゃなくて楽しくなれ

るような物を作りたくなりました。

うきうき、ご機嫌になれる料理です。

残さず黙々食べたり、滅多にないけどこれ美

味しい!って言ってもらえるともっとレパー

トリーを増やしたいと思えます。とても幸せ

を感じる瞬間でもあります。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170512210342j:image

 

 

 

 

とにかくよく食べる私達!

府中市上下町に出掛けた時も地元のピザも出

してるケーキ屋でのひとこま。30センチ以上

あるサイズのピザやチョコレートをぺろり、

言い訳ではないけれどほとんど和さんが食べ

ました。どんだけ食べるねん。

 

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170512210653j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170512210715j:image

 

 

 

 

時々の外食が楽しみのひとつで、普段の食事

は和さんの胃袋をつかみたいが為の修行のよ

うなものです。私は盛り付け方や彩りのセン

スが悲しいくらいないので、図書館で本を借

りたりインターネットで調べては真似をして

います。

 

 

 

f:id:wrg011pi:20170624214501j:image

 

 

ホルモンが燃えているこの食事の後に

和さんは病気を発症しました。まだ梅雨に入

ったばかりの頃です。医者には予後不良と言

われましたが彼が仕事に打ち込めるように私

が出来ることを手伝いたいと思っています。

「あなたには笑っていてほしい」和さんのこ

の言葉を励みに私は生きてこれました。

ふたりでいれば最強!最高!楽しく暮らそ

う!和さんとの合言葉は私の生きる道しるべ

です。

 

 

6月24日         下関の現場にいる和さんは資格試験の為の勉強に励んでいます。私は月に一度の女性のイベントのせいで今日は寝たきりに。そんな日もあるよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釜揚げしらす丼 ~音戸の瀬戸~


f:id:wrg011pi:20170430224046j:image

 

 

 

東北から帰って来た和さんと呉に行きまし

た。目的は大和ミュージアム奄美沖に沈ん

でいる戦艦大和、とにかく造りの全てが大き

な船だったみたいですね。

大和の存在は戦後になって国民に知らされた

そうですね。製造の段階から屋根付きの場所

で陸からも空からも見つからないように内密

に作っていたんですね。その屋根のある場所

辺りを行きましたが船があるなんて見当もつ

かない感じの場所でした。

大和ミュージアムには大和の亡くなった乗員

の方の氏名と出身地が記されたものが展示し

てあり、顔写真からは明らかに少年だと分か

る方もいました。

日本も近所の国がミサイル実験繰り返してい

ますが、いつ私たちも戦いに巻き込まれるか

分からない不安な日々になるかと考えるとす

ごくこわく感じます。戦争って何でもあり、

決まり事を作っても破る為にあるようなもの

ですもの。

戦争にだけは流れていって欲しくないです。

呉の町は自衛隊さんの船もチラホラ見えて非

日常な風景に変にテンションが上がりまし

た!色は…ちょっと不気味でもありますね。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170510083732j:image

 

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170510083845j:image

 

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170510083920j:image

 

 

 

音戸の瀬戸ではその日の朝に獲れたしらすの

釜揚げ丼をひとりで食べました。お土産に買

っていきたいと和さんに話したら「しらすは

足が速いからどうしても食べたいなら買うん

じゃなくて釜揚げを食べたほうが美味しいに

決まってるから!」そのアドバイスで橋のた

もとのしらす丼ののぼりがあるお店に問い合

わせて行ったんです。

お店の方曰く「今朝水揚げしました」そのし

らすは塩気がほんのり白身のたんぱくさと身

の柔らかさを楽しめるものでしたよ。

和さんはしらすは苦手なのでひとりで食べに

行きましたが、趣味や好みが違っていても

各々が楽しんでまたふたりに戻ればそれでい

いんですね。何もかもを共有は出来ないんで

すもの。そこまで求めたら息苦しくなるだけ。

 

 

 

 

5月10日        今は東北の現場が中断したので鳥取にいる和さん。またお互いに休みが合えば食事や買い物に行きたいな。  楽しみ。    

日本海へ


f:id:wrg011pi:20170418215457j:image

 

 

 

和さんが休みで自宅に居る間はとにかく出掛

けました。一旦出張に出ると次いつ帰ってこ

れるか分からないから、一緒に居られる間は

本当に片時も離れません。

命に関わる危険を伴う仕事なため私も留守番

の時はとにかく和さんの無事を祈り、良いと

きも悪いときも共に過ごせる有り難さを感じ

ています。

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170418215630j:image

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170418215648j:image

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170418215720j:image

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170418215734j:image

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170418215750j:image

 

 

 念願叶い出雲日御碕灯台へ

この日は風も波も穏やかでとても静かでし

た。日本海は広いです。

灯台には関西から遊びに来ていたわんちゃん

が。かわいい柴犬にすかさず話しかけて一瞬

だけ癒されるおばちゃん(笑)

大きな灯台です。

そして温泉にも浸かりに行きました。

山陰の温泉なんてどーせ大したことないでし

ょう、だなんて思ってごめんなさい。

温泉津温泉はふるさとの温泉と何ら変わらな

い熱々源泉掛け流し。

痛みやこわばりが和らいでいく素晴らしいお

湯でした。湯治にはもってこいの町並みの温

泉津温泉、大好きです。

 

あとは石見銀山にも行きましたが見学可能な

のは資料館だけで、銀山は立ち入りが出来な

かったんですね。銀山で撮影すればいいや、

と思っていたので資料館の写真は撮りません

でした。

銀山……あまり私の心には残りませんでした。

4月28日現在では和さんは東北にいます。も

うすぐ私の元に帰ってきます。

お出かけや日々の出来事を思い出にしながら

これからも思い出しながらアップしていきま

すね。

 

 

4月28日        私自身も本調子を取り戻しながら日々を頑張っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾道在住最後の桜


f:id:wrg011pi:20170413213420j:image

 

 

 

ある晴れた早朝に和さんとお花見に行きまし

た。千光寺山の頂を徒歩で目指して、山頂で

休憩がてら風景を撮影して最後のお花見をし

ました。

 

 

まぶしい光にゆらゆら揺れる枝にタッチしな

がら「また今年も会えたねー」って話しかけ

るのが私の花見の定番です。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170415091913j:image

 

 

本当によく咲いたね!

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170415091947j:image

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170415092003j:image

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170415092039j:image

 

 

 

尾道の桜を眺めるのはこれが最後、和さんと

見る大切な風景を胸にも刻んで帰宅しまし

た。のどかで温かな瀬戸内は私は大好きで

す。

 

 

 

4月15日        年内引っ越しの為尾道の季節を残していきます。

 

 

 

 

久々の更新

冬場の持病の痛みによるQOLの低下で

泣きながら暮らしていましたが、温かくなる

につれて身の回りの事が普通に出来るように

なったのでブログも再開します。

最近では仕事が一段落した和さんも我が家で

リラックスして過ごしています。そんな姿に

私もホッとしています。

休みを満喫している私達は今回は地元テレビ

などで時々紹介されているお店、三原市の心

さんに出掛けました。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170404235659j:image

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170404235723j:image

 

 

 

田畑が広がる土地に心さんは建っていて、な

んだか親戚のお家に遊びに来たような感覚に

なります。のどかな風景です。

平地が近所にあるのを初めて見て、故郷熊本

を懐かしく思い出しました。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170406160929j:image

 

 

手作り感いっぱいの店内でお母さんのオスス

メの天ぷらうどんを頼みました。

私達の他に2組の客がいて総勢6人で部屋は

いっぱい!黙々としょっぱいめのスープを飲

みながらうどんをすすります。

三角の丼に家庭で揚げた感たっぷりの優しい

天ぷらがお腹を満たしてくれるはず、そう思

いたかった…。のですが、うどんの続きがあ

りました!

なんとフルーツ盛り合わせにおはぎが1個と

コーヒーまで付いていたんです。

 

 


f:id:wrg011pi:20170410171621j:image

 

 

 

「もう夕食は入らんね」って胃の辺りをさす

りながらお土産のレモンまでいただいて店を

後にしました。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170410171905j:image

 

 

明るくて朗らかなお母さんのお店でした。

 

実は後日再来店したのですが、先客でいっぱ

いだったのでうどんは諦めました。

人気のある理由がなんとなく分かり心が温か

くなりました。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170410172207j:image

 

 

また機会があれば伺おうと思います。

春ですね。外に出て上を見上げて歩いてみま

しょう。

 

 

 

4月9日        心ほっこり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はかきまつり

計画していたかきまつりがいよいよ明日に迫

りました。おにぎらずと飲み物をリュックに

詰めて山陽本線を鈍行列車に揺られてのんび

りぶらり旅を楽しんできます。天気予報じゃ

雨なので駅までは便数少ないバスで行かなく

ちゃ、6時前には起床ね。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170204211901j:image

 

 

 

尾道駅から播州赤穂駅までは2時間ちょいの

道のりです。瀬戸内をカタンコトン、行って

きます!

 

 

2月4日        牡蠣と赤穂雲火焼も楽しみです!