デトックス〜涙は私を癒やしてくれる〜

はず。

 

流した涙の分、私の心は浄化されるはず。

泣きたくても泣けなかった分、今夜だけ大好きな日本酒に癒やしてもらいます。

決して依存にならないように。

 

 

5月22日    私にも絶対に輝かしい幸せな時間が来ますとも。

季節遅れの贈り物


f:id:wrg011pi:20190521152044j:image

 

 

裏の竹林から土をもっこりさせていた竹を見つけて、他所の土地だけどせっかくの恵みなのでいただくことにしました。

数本は我が家の物干しの所から生えていて。

ひとりには十分過ぎる量で、これからお味噌汁に入れます。ご飯も炊いて。

わかめと筍のお味噌汁にします。梅干しと納豆も付けて。

あと、近くに野菜が安く売っているコンビニ行こう。

今日は贅沢だな。

 

 

 

5月21日     晴れ渡る空。私の気持ちも爽やかに。明日はピラティスだ。

 

まだあまり自覚がなくて

 

 


f:id:wrg011pi:20190520104710j:image

 

 

黒くぶら下がっているスーツが私のものです。このスーツもだけど、洋服や下着のすべてがダボダボに余っていて困っています。

長年おデブ体型だった記憶が消えなくて、11キロ体重が減った今でも服を買いに行くのに大きいサイズの店で3Lを選んでしまっています。

店員さんから上着も普通にLサイズで大丈夫ですよ♪って言われて試着したら違和感なく着られて。

身体がパンパンにふくれてしまっていた感覚がまだあって。

痩せた実感があまりないのは良くないのかもしれませんね。

急激な体重減少だけは避けたいです。

 

 


f:id:wrg011pi:20190520105342j:image

 

 

私にもこんな画像を送る和さん。

波が穏やかでそれは良かったですね。

 

 


f:id:wrg011pi:20190520105506j:image

 

 

 

和さん、サーフィン前の駐車場、他にもサーフィン客が来ているようです。

私も気軽に海に行ける環境が欲しいな、って思いました。

せっかくサーフィンを始めるきっかけが出来たから、どうにかして続けてみたいです。

ひとりでも何でも出来るようにしていたいです。そしてひとりでも幸せをいっぱい感じたい。

 

 

 

5月20日    6月、家の押し入れにある和さんの全てのゴミを処分してもらうことになりました。尾道から越してきて、和さんのすべての荷物がゴミだったのは傷付きました。和さんからすれば私の家はゴミ箱だったようです。自己愛の強い人は人を平気で利用するのです。うまみが無くなったと思えば他のうまみに目移りする、ヤバい系かも。

新しいチャレンジを

サーフィンで体幹と背筋の弱さがもろに出て、ついでに股関節を柔らかくしたくてピラティスの先生から教えてもらった軽めのトレーニングを数種類開始しました。

まずはヨガで体を柔らかくして心を整えて。

昨日のピラティスレッスンで全身筋肉痛で気持ちもこたえる所なんですが、諦めちゃいられなくて。

負けてもいられなくて。自分に。

これから前向いて歩くのに下向いて前かがみなんてあり得ないし。

明日は健康診断、減量効果が数値に出るといいな。

あんまり変わってなかったりして(笑)

 

 

 

5月14日    でも無理のない減量を続けていつもの暮らしをすること、これが私の一番大切なこと。きっと変われるから。

ここに置いて去ります


f:id:wrg011pi:20190512054427j:image

 

 

 

いっぱい流した涙

悲しみ

さみしさ

悔しさは鹿嶋のこの地に

置いて帰ります。

感情真っ平ら、私は私に戻って。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20190512054612j:image

 

 

早朝4時過ぎにはこの明るさで。

若干時差ボケで夜8時頃には眠くなります。

 

 

5月12日    また忙しい日々、必死にこなして我を忘れるほど頑張る。

 

 

横浜家系ラーメン〜十十路さん編〜

 


f:id:wrg011pi:20190511211523j:image

 

 

ラーメンに系統があるなんて。今日は横浜家系ラーメンを食べました。

この方は豚骨醤油を。

私はネギ味噌を。

 

 


f:id:wrg011pi:20190511211634j:image

 

 

 

白髪ネギにゴマ油がかけてあって香ばしいです。餃子もモリモリ食べて、美味かったー。この帰り道に和さんから私の自宅の鍵を返してもらう話をしました。もう来んでくれと。

会う機会も無いだろうと。

あなたは何処にでも流れておいきなさいとは言わなかったけど、きっとそういう生き方の方が似合うのではと思って。

私は自宅でひとりお婆さんになっても白い壁に向かって笑ったり喋る人生は送りたくないので。そんなの頭がおかしい。

帰る前日に言いたい事は言って私は明日さっさと帰ります。

 

 


f:id:wrg011pi:20190511212411j:image

 

 

 


f:id:wrg011pi:20190511212424j:image

 

 

 


f:id:wrg011pi:20190511212555j:image

 

 

 

やっと四つん這いが出来て。パドリングはまだただの犬かきみたいで滑稽な姿です。

何でこんなことしなきゃいけないんだろうって思った5日前、やっと腹這いで上手く流される様にもなったから少し楽しかったです。

今回の滞在では鍵は返してもらえず、グレー。グレーのまま和さんを観察します。

私にも選ぶ権利はあるのですから、人生を大切にしたいだけなのです。

 

 

 

5月11日    長い時間海に入ってビデオを撮ってくれたその姿勢はとても嬉しかったです。近くの風車が不気味。ぶぁん、ぶぁんって音鳴らして。エヴァが出そう。