釜揚げしらす丼 ~音戸の瀬戸~


f:id:wrg011pi:20170430224046j:image

 

 

 

東北から帰って来た和さんと呉に行きまし

た。目的は大和ミュージアム奄美沖に沈ん

でいる戦艦大和、とにかく造りの全てが大き

な船だったみたいですね。

大和の存在は戦後になって国民に知らされた

そうですね。製造の段階から屋根付きの場所

で陸からも空からも見つからないように内密

に作っていたんですね。その屋根のある場所

辺りを行きましたが船があるなんて見当もつ

かない感じの場所でした。

大和ミュージアムには大和の亡くなった乗員

の方の氏名と出身地が記されたものが展示し

てあり、顔写真からは明らかに少年だと分か

る方もいました。

日本も近所の国がミサイル実験繰り返してい

ますが、いつ私たちも戦いに巻き込まれるか

分からない不安な日々になるかと考えるとす

ごくこわく感じます。戦争って何でもあり、

決まり事を作っても破る為にあるようなもの

ですもの。

戦争にだけは流れていって欲しくないです。

呉の町は自衛隊さんの船もチラホラ見えて非

日常な風景に変にテンションが上がりまし

た!色は…ちょっと不気味でもありますね。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170510083732j:image

 

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170510083845j:image

 

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170510083920j:image

 

 

 

音戸の瀬戸ではその日の朝に獲れたしらすの

釜揚げ丼をひとりで食べました。お土産に買

っていきたいと和さんに話したら「しらすは

足が速いからどうしても食べたいなら買うん

じゃなくて釜揚げを食べたほうが美味しいに

決まってるから!」そのアドバイスで橋のた

もとのしらす丼ののぼりがあるお店に問い合

わせて行ったんです。

お店の方曰く「今朝水揚げしました」そのし

らすは塩気がほんのり白身のたんぱくさと身

の柔らかさを楽しめるものでしたよ。

和さんはしらすは苦手なのでひとりで食べに

行きましたが、趣味や好みが違っていても

各々が楽しんでまたふたりに戻ればそれでい

いんですね。何もかもを共有は出来ないんで

すもの。そこまで求めたら息苦しくなるだけ。

 

 

 

 

5月10日        今は東北の現場が中断したので鳥取にいる和さん。またお互いに休みが合えば食事や買い物に行きたいな。  楽しみ。