一緒に食べてくれる人がいること

私は永いこと独り暮らしをしてきて食事は自

炊をしていました。手の込んだ物はあまり作

らないけど自分の食べたいものはある程度は

作れます。ただ人に食べさせるとなると大雑

把でざっくりした感じの料理は喜ばれないと

思っていて、和さんと暮らし始めて特にここ

最近じゃ美味しいだけじゃなくて楽しくなれ

るような物を作りたくなりました。

うきうき、ご機嫌になれる料理です。

残さず黙々食べたり、滅多にないけどこれ美

味しい!って言ってもらえるともっとレパー

トリーを増やしたいと思えます。とても幸せ

を感じる瞬間でもあります。

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170512210342j:image

 

 

 

 

とにかくよく食べる私達!

府中市上下町に出掛けた時も地元のピザも出

してるケーキ屋でのひとこま。30センチ以上

あるサイズのピザやチョコレートをぺろり、

言い訳ではないけれどほとんど和さんが食べ

ました。どんだけ食べるねん。

 

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170512210653j:image

 

 

 

 

 

 


f:id:wrg011pi:20170512210715j:image

 

 

 

 

時々の外食が楽しみのひとつで、普段の食事

は和さんの胃袋をつかみたいが為の修行のよ

うなものです。私は盛り付け方や彩りのセン

スが悲しいくらいないので、図書館で本を借

りたりインターネットで調べては真似をして

います。

 

 

 

f:id:wrg011pi:20170624214501j:image

 

 

ホルモンが燃えているこの食事の後に

和さんは病気を発症しました。まだ梅雨に入

ったばかりの頃です。医者には予後不良と言

われましたが彼が仕事に打ち込めるように私

が出来ることを手伝いたいと思っています。

「あなたには笑っていてほしい」和さんのこ

の言葉を励みに私は生きてこれました。

ふたりでいれば最強!最高!楽しく暮らそ

う!和さんとの合言葉は私の生きる道しるべ

です。

 

 

6月24日         下関の現場にいる和さんは資格試験の為の勉強に励んでいます。私は月に一度の女性のイベントのせいで今日は寝たきりに。そんな日もあるよね。