やったー!満開だ!!

 


f:id:wrg011pi:20190402203114j:image

 

 

地元のお宮で花びらにお触りしながらふわふわな感触を楽しんで。

柔らかくてしっとり。

すごくかわいい。

昨年は花が散ったあとに越してきたから見れなくて、今年を心待ちにしていました。

 

 


f:id:wrg011pi:20190402203332j:image

 

 

地元の人にも、それ以外の人がわざわざ訪れるとても安らげる香椎宮

私も鳥居前のバス停に降り立ったらふらっと立ち寄る気軽に行けるお宮です。

休憩所の甘酒が個人的には好きです。

甘酒は最近手作りするようになって、市販にはないほんのりした甘さです。続けて体調管理に役立てたいと思います。

 

 


f:id:wrg011pi:20190402203943j:image

 

 

 

凄いでしょ、素敵でしょ。

この石橋を右に渡ると境内に。普段は石橋の下が道路で普段通っています。

 

 


f:id:wrg011pi:20190402204231j:image

 

 

 

愛のつなぐ、香椎宮のお話。

ホームページより転載させていただきました。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

むかしむかしのお話

 

英雄ヤマトタケルの子、仲哀天皇

強く美しい神功皇后と夫婦になり

香椎でひとときを過ごすことになりました

ある日、仲哀天皇

神の怒りに触れて亡くなってしまいます

神功皇后は悲しみをこらえて

天皇のかわりに男装をして海を行き交い

そして愛する夫のために

香椎にほこらを建てました

 

その後、ご夫婦に男の子が生まれます

生まれつき弓の名手であったこの男の子は

おじいさんとお母さんの血を受け継いで

たくさんの勝負に勝ち

お父さんの遺志を引き継いで

応神天皇となりました

武芸にすぐれ

日本文化の基礎を築いたこの天皇

いつしか八幡神と呼ばれ

全国の八幡宮という神社の神さまになります

 

そして時は流れ

愛する夫のそばにいたいと願った

神功皇后のお宮も

香椎の地に築かれました

こうしてご夫婦は再びご一緒になり

この地は香椎宮と呼ばれるようになりました

愛つなぐ、香椎宮

あなたも大事な人々の幸せを祈って

愛をつないでください

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

神功皇后は大事な人が亡くなったあとも

その人の分まできっと精一杯

生きておられたのだろうと思います。

私はそんじょそこらの一般人、和さんがいなくても心を強く持って希望を持ってやりたいことを叶えていく人生を送りたいです。

和さんもいずれ私より先にいってしまうのは分かっているので、いつまで共に生きていけるかは分からないけど仲良く歩いて行きます。

 

 


f:id:wrg011pi:20190402205710j:image

 

 

 

桜よ桜

本当に会えて嬉しかったよ。綺麗に咲いてくれてありがとう。心が洗われました。

 

 

 

4月2日    ゴールデンウィークは和さんに会えます。九十九里浜でサーフィンだ!